2014年09月09日

富士錦、昇龍蓬莱

09 09 001_edited-1.jpg


09 09 002_edited-1.jpg


富士錦純米生原酒蔵囲い2009

昇龍蓬莱生酛純米阿波山田錦70槽場直詰無濾過生原酒参号機





昨日は十五夜、今日はスーパームーン。


西新宿のビル群に浮かぶ月もまた風情があっていい。


満月見て一杯


残念なのはウチの窓が西側なので、見えるのは閉店時間を過ぎた頃でしょうか?


季節は廻り、秋へとまっしぐら。


ひやおろしもいいですが、半年の熟成じゃ物足りないと感じるのは吾輩だけ?




月が傾かなければ見えないさけくらべでの月見。


さけくらべが傾いて分かる歪んだ日本酒業界。


盃を傾けながら今日もぼやきそうだ。。。








お別れは、河合奈保子の「十六夜物語」。





posted by 樋口多酒多様 at 16:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

作純米恵乃智山田錦18BY、金鼓山廃本醸造火入れ原酒15BY

09 04 001_edited-1.jpg


09 04 002_edited-1.jpg


作純米恵之智山田錦18BY

金鼓山廃本醸造火入れ原酒15BY



やっぱり熟成酒燗酒に興味を示してくれるお客さんは嬉しい。

日本酒ニーズの中でもかなり少数派ですからね。

ありとあらゆる日本酒を飲んでほしいんですが、「日本酒はこういうもの」だと決め込んでいる人が多いのが残念。。。ふらふら

トレンディー系、アイドル系ばかりがクローズアップされるのは良くない。

業界に踊らされる消費者は被害者でしかない。

日本酒ライト層の拡大はともかく、コア層のレベルアップも大きな課題。

もっともっと日本酒って奥が深いし幅広い。

この魅力をもっと知って頂きたい。体感して頂きたい。

アンチ様にどれだけ叩かれようと、日に日に思いは増すばかり。。。



るんるんかなわぬ夢を夢見ながら かなわぬ敵に牙をむく 届かぬ星にこの手を伸ばしながら 俺は俺のロードを走るるんるん









お別れは、THE STAR CLUBの「BLACKGUARD ANGEL」。

posted by 樋口多酒多様 at 16:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

風の森2酒、竹雀、流輝

風の森純米吟醸しぼり華無濾過無加水生全量雄町

風の森純米吟醸しぼり華無濾過無加水生全量山田錦


08 30 001_edited-1.jpg


08 30 002_edited-1.jpg


竹雀山廃純米無濾過生原酒木槽袋搾り

流輝純米吟醸舟搾り無ろ過限定おりざけ生


08 30 003_edited-1.jpg


08 30 004_edited-1.jpg




9月 3日(水)45歳以上優遇デー:時間無制限2000円(要予約。免許証等提示)
9月 4日(木)3名様以上のグループ時間無制限3000円デー(要予約)
9月 5日(金)
9月 6日(土)
9月 7日(日)90分1000円デー(要予約)P箱開放デー
9月 8日(月)9月生まれの方優遇誕生パーティー(免許証等提示。時間無制限2000円)P箱開放デー
9月 9日(火)じゃんけんデー(お客さんが勝ったら時間無制限2000円、90分1500円)
9月10日(水)4名様以上優遇デー:時間無制限2000円(要予約)
9月11日(木)90分1000円デー(要予約)
9月12日(金)
9月13日(土)
9月14日(日) 天明蔵元を囲む会(要予約)
9月15日(月・祝)
9月16日(火)
9月17日(水)
9月18日(木) 自然郷蔵元を囲む会(要予約)
9月19日(金)
9月20日(土)
9月21日(日)
9月22日(月)

08 31 003_edited-1.jpg


08 31 008_edited-1.jpg


おとといの日曜は自然郷の蔵元さんが来て下さいました。

お客さんとしてですよ。下見も兼ねてでしょうがね。。。

随分気に入って頂けたようです。


ちょうどテレビで「モヤモヤさまぁ~ず2」をやっていて、蔵元もモヤさまが大好き、大江アナが大好きだということが分かり、これまた意気投合。わーい(嬉しい顔)

蔵元も吾輩も結構飲みました。


やっぱり似た者同士ですかね?








お別れは、大江アナ泥酔事件。5:58~

posted by 樋口多酒多様 at 23:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

9月18日(木)自然郷蔵元を囲む会出品酒

08 25 001_edited-1.jpg


9月18日(木)開催さけくらべイチオシの自然郷大木代吉本店(福島県)を囲む会出品酒が以下の通り決まりました。蔵元には19時から22時まで当会場にお越しいただいています。

■大吟醸磨き39%

■大吟醸磨き50%

■純米吟醸七(セブン)生詰

■純米吟醸山廃生詰

■純米秋円融生詰

■純米プレミアム山廃

■純米キュベ18

■純米純醸純米

■発芽玄米酒ブラウンラベル

■リキュールヨーグルト酒ポンカン


今までの人生で吾輩が惚れた、感動した日本酒は5、6本だと思いますが、直近のそれが自然郷

出会い4、5年前になるでしょうか?

とある試飲会でそろそろ最後の1本にしようかと思った時に、酔った勢いで見知らぬ女性に「今日一番の酒って何ですか?最後の1本を探してるんですけど・・・。」との一言から始まったこのご縁。

日本酒好きが集まるこういう場で発見できる試飲会、利き酒会。

ま、これをさけくらべでやりたかったわけです。

キュベシトラスセント現プレミアム山廃)、ヨーグルト酒は特に印象が強い。

日本酒の概念を打ち破ってくれた蔵です。

実力があるのにあまりのもスポットライトが当たらないのが現状。もっと日の目を浴びてほしいものです。

ま、あんまりハードルは上げない方がいいかと思いますので、この辺にしておきます。

あくまでも自分がどう感じるかが大事です。



通常通りおつまみは各自持参して下さい。入場料も通常通りで、90分も可とします。必ず予約して下さい

受付03-5990-5444

蔵元が帰られた後も通常通り23時半まで飲み続けることができます。また蔵元がお見えになる前からも飲めます。

蔵元と直接触れ合えるチャンスです。奮ってご参加くださいませ。







お別れは、安全地帯の「好きさ」。





posted by 樋口多酒多様 at 15:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

北信流、極一滴雫酒、陸奥八仙赤ラベル、陸奥八仙ISARIBI

08 29 001_edited-1.jpg


08 29 003_edited-1.jpg


北信流純米大吟醸生貯蔵

東力士山廃純米極一滴雫酒無濾過生原酒入魂雫取りおり絡み

陸奥八仙特別純米赤ラベル火入

陸奥八仙特別純米ISARIBI火入24BY



昨日は金曜で先週に続き賑やかでした。わーい(嬉しい顔)

最近はブラインドテイスティングの方が人気ですが、それ以外も充実していますのでそちらもどうぞ。

さて、8月も今日入れてあと2日。

驚異的数字を叩き出さなければ・・・。あせあせ(飛び散る汗)

お力添えよろしくお願い致します。









お別れは、吉川晃司の「サヨナラは八月のララバイ」。




posted by 樋口多酒多様 at 18:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

天明の会出品酒決定

天明・一生青春.jpg


9月14日(日)の天明の会出品酒が以下の通り決まりましたのでご報告。


一生青春大吟醸金賞受賞酒

天明純米大吟醸おりがらみ雄町

天明純米大吟醸直汲み生雄町

天明純米吟醸中取り参号おりがらみ亀の尾24BY

天明特別純米火入亀の尾24BY

天明特別純米本生亀の尾25BY

天明純米中取り壱号おりがらみ23BY

天明純米中取り壱号おりがらみ24BY

天明純米中取り壱号おりがらみ25BY

天明純米吟醸生美山錦(9月上旬出荷の秋酒)


http://sakekurabe.seesaa.net/article/403238307.html

参加者絶賛募集中です。会費は4000円で予約が必要です。

電話03-5990-5444


なお、9月18日(木)の自然郷の会も一両日中に出品酒決まりそうです。こちらもまだ参加者絶賛募集中です。

さけくらべの推しメンならぬ推し蔵?推し酒?を是非ご堪能下さい。

流行り系の新政、三芳菊、姿などに負けない特徴的な酸があなたを虜にします。。。手(チョキ)








今日のお別れは、あみんの「待つわ」。







posted by 樋口多酒多様 at 13:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

悲しいね

08 22 001_edited-1.jpg


08 22 002_edited-1.jpg


昨日のスナップショット2枚。

久々に混みました。わーい(嬉しい顔)



さて、必死で可哀そうなかおみさん、あなたへの返事です。

入場時にまずは無制限料金をお支払いいただきますので3000円ではなく4000円ということになります。

90分の方は時間無制限と区別するためにそうしているだけです。もしいやなら別に首からかけなくても結構です。

お帰りの際に時間の確認が必要になりますのでお渡ししている限りです。

ウェルカムドリンクをイッパイ注ぐなということですが、お猪口の4分の1程度です。どんなに頑張っても3分の1程度です。

もちろんお代わり自由ですが、お口に合わない方もいらっしゃるでしょうしね。

冷酒を飲みたかったとのことですが、最初のウェルカムドリンクこそがウチのこだわりです。

日本酒は冷酒だけではない、若いだけでないとの思いで、あえてこんな日本酒も有るんですよと召し上がって頂いているのです。

別にウェルカムドリンクがお口に合わなくても、その次から冷酒はたっぷり飲めます。

ココでしか飲めないというほどの品揃えではなかったとのことですが、抽象的で分かりません。

例えば智恵美人吟醸2004宮の松純米吟醸あらばしり24BY花巴純米吟醸山田錦22BY華鳩特別純米華コロンブ美和桜純米吟醸八反無濾過生原酒、などもそうおっしゃるわけですね。

そうだとすればそのお店を教えて頂きたい。

ま、ご来場された時点で相当酔ってらっしゃいましたので記憶が無いのではないでしょうか?

あなたの目的はブラインドテイスティングでなく、明らかにその中に入っているプレミア酒。十四代などのアイドル酒をただ飲みたいだけ。

基本、ブラインドの答えは帰りの際ですが、他のお客さんにネタバレしないこととブラインドの酒をこの先飲まないことの2つの条件さえクリアできれば途中でお教えしております。

また、あなたが気嫌うその女性は、とある日本酒を目当てでご来場されました。ズバリ自然郷です。

奇声とは誇張表現も甚だしい。。。

ま、十四代、而今、飛露喜とかのトレンド系の知名度先行酒だったらまずお出ししません。

自然郷が置いてあると思って来たとのことでしたので、無いものは無いとスミマセンで終わらせることはできません。

自然郷を飲みたいとおっしゃるお客さんに、まして自然郷の会が決定し、参加されるとのことでしたので特別に酒屋に持ってきてもらいました。

日本酒そこそこ揃えている酒屋さんなら普通に定価で置いている銘柄とのご指摘ですが、は???どこの酒屋に置いているんでしょうか???

オイオイいい加減に具体的根拠を示して頂けませんでしょうか?

一連の対応に感謝されたお客さんが大喜びされチップを渡されたのです。もちろん断ってますよ、当然。

それでもお客さんは是非とのことですから、お客さんの気持を損ねてはいけません。有り難く頂戴したまでです。

ウチに合わないのも分かりますが、チップ渡さなきゃ、特別な日本酒が出てこないとはあまりにも論理が飛躍しています。

アンチさんも大変ですねww


必死なアンチさん、悲しすぎるほど素敵です。。。わーい(嬉しい顔)








今日のお別れは、渡辺美里の「悲しいね」。



posted by 樋口多酒多様 at 18:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

亀齢萬年、旭鳳、一白水成

08 21 001_edited-1.jpg


08 21 002_edited-1.jpg


亀齢萬年純米吟醸五拾生原酒

旭鳳純米袋吊りええとこどり

一白水成純米吟醸








posted by 樋口多酒多様 at 13:54| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

消費刺激策

目隠し値札.jpg


シーチキンマヨタマおにぎり.jpg


前日予約で3000円。

3名以上のご来場で2500円。

女性だけのグループは2000円。

シークレットは、90分1500円。

http://r.gnavi.co.jp/j2an5afp0000/coupon/


お盆も過ぎ夏も終盤戦に突入。

2月8月ニッパチは暇と昔から言われており、閑散期には思い切った施策を。。。

ていうか、本当に消費税10%にするつもりか?

本当に愚かな行為ですよ。

消費が落ち込むのは確実。

消費税を撤廃し、課税するなら貯蓄税にすべし。

ま、昔っから言い続けてますが、誰も聞いてはくれない。。。もうやだ〜(悲しい顔)

最近、世の中狂ってますよ。

正直者がバカを見る時代だけは勘弁してほしいものです。








お別れは、あさみちゆきの「あさがお」。



posted by 樋口多酒多様 at 00:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

こだわりは邪魔?

08 13 001_edited-1.jpg


遅ればせながらの開店半年記念でのワンショット。

自家製熟成のお神酒をウェルカムドリンクにて振る舞う。

思いのほか多くお集まりいただき、ありがとうございました。 <m(__)m>



08 15 001_edited-1.jpg


さて、何気ない冷蔵庫の写真ですが、気づく人は気付きます。

酒屋にしろ、居酒屋にしろ日本酒を看板にしている店なら、ごくごく当然のこと。

冷蔵庫の照明は使いません。

ですが最近はあまりにも点けてるところ多すぎます。

紫外線カット機能でもあれば別ですが。。。

あまりにもビジネスに走り過ぎているとはこのこと。

一升瓶の色の話も何度もしてますが、この夏に透明や青瓶とはいかがなものか?

売れる売れないも分かりますが、あまりにもそちらの側に振れ過ぎではないかと。。。

ま、こんな感じの店主ですので繁盛するわけもないですか・・・?









今日は、松田聖子の「青い珊瑚礁」でお別れしましょう。




posted by 樋口多酒多様 at 15:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。