2014年10月28日

あたごのまつ、雁木、東鶴、紀土





11月1日より大幅変更 http://sakekurabe.seesaa.net/article/407698516.html



あたごのまつ限定純米吟醸限定おりがらみ本生26BY

雁木純米無濾過生原酒槽出あらばしり24BY



10 27 001_edited-1.jpg


10 27 002_edited-1.jpg


東鶴純米吟醸中汲み山田錦生24BY

紀土純米大吟醸山田錦48


10 27 003_edited-1.jpg


10 27 004_edited-1.jpg




あたごのまつは、新酒26BY、雁木東鶴が24BY、紀土は25BY。

醸造年度。

都道府県を気にするよりもBYを気にしてほしいものです。

雁木東鶴生熟1年半でちょっと中途半端な感じですが、ぬる燗が最強です。冷酒じゃない方がいいと思います。

冷酒至上主義の多数派に物申したいしだいです。

ちょっと温度を変えてやれば、全く別の酒に化けるという面白さも味わってほしいものです。

それを体験させてやれない大多数の飲食店さん。

体験できるさけくらべ。

ただ飲むだけだったら他の飲食店で充分でしょう。

それで満足でしたら・・・。










今日は杉浦幸の「悲しいな」でお別れしましょう。








posted by 樋口多酒多様 at 15:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。