2014年10月19日

同じですか?



ピックアップ記事

○祭http://sakekurabe.seesaa.net/article/393887275.html

システムhttp://sakekurabe.seesaa.net/article/386541503.html

アクセスhttp://sakekurabe.seesaa.net/article/401527183.html

生ビールも飲み放題http://sakekurabe.seesaa.net/article/398516768.html

ブラインドテイスティングhttp://sakekurabe.seesaa.net/article/400148321.html

利き酒会場http://sakekurabe.seesaa.net/article/394125660.html

---------------------------------



結局消費者は同じジャンルにするんですね。。。もうやだ〜(悲しい顔)


家賃・・・この固定費で全てが決まってしまうと言っても過言ではない。

マカロニほうれん草.jpg


料理で利益を稼がないスタイルのウチとしては死活問題。

料理を提供している日本酒飲み放題の店はそりゃあ安く設定できますよ。

料理代はもちろん、お通し代も消費税分も上乗せされます。

ねぇ、○○○○さん。

飲み比べも90分制も丸パクリ。

結局1人5000円じゃおさまらない。

6000円を超えることすら普通。

料理代が粗利を生むのです。お分かりですか?

ウチは入場料だけの収入。

飲食店みたいに原価の3倍もかかる料理代を原価で持ち込めるのですよ。

しかもその店のメニューの中に注文したい料理が無かったらどうします?

ウチは、自家製はもちろん、買うにしても和洋中、高価安価ご自分に合わせたものを持ってこれます。

さて模倣店exclamation&questionはというと、先発が3240円、後発が3000円とウチより安い設定ですが、共に家賃14万円。

そりゃ安く設定できるでしょう。

しかし吾輩が最も言いたいのは、何故かわうそまつりを置いているのか?

ここだけは非常に理解に苦しむところです。

ピックアップ記事の最上部にリンク貼ってますが、読んで頂いてますか?


あと一歩で横綱という銘柄や、赤でも青でもない桜という銘柄や、鬼退治ではないがもっと下衆な表現の銘柄・・・と全く同じ土俵なのは、可愛い嘘の祭。

つまり、かわうそまつり。

さすがに漢字にしませんよ。


少し誇張表現するかもしれませんが、例えば危険ドラッグを売る店がなぜ存在するのか?

法に触れなければそれでいいのか?

人としておかしくありませんか?

あの酒を飲ませるなんて産地偽装、賞味期限改竄に近い詐欺的臭いを感じます。

そんなことまでして儲けたいのですか?


消費者にはもっと賢くなってほしいものです。。。









今日のお別れは、ボン・ジョヴィの「Bad Medicine」。





posted by 樋口多酒多様 at 21:42| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古いブログ記事にコメントさせてもらいます。以前にもコメントさせていただきましたが言いたい事があれば直接蔵元に言えばよろしいかと思います。
Posted by 放浪癖 at 2017年10月16日 00:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。