2014年08月23日

悲しいね

08 22 001_edited-1.jpg


08 22 002_edited-1.jpg


昨日のスナップショット2枚。

久々に混みました。わーい(嬉しい顔)



さて、必死で可哀そうなかおみさん、あなたへの返事です。

入場時にまずは無制限料金をお支払いいただきますので3000円ではなく4000円ということになります。

90分の方は時間無制限と区別するためにそうしているだけです。もしいやなら別に首からかけなくても結構です。

お帰りの際に時間の確認が必要になりますのでお渡ししている限りです。

ウェルカムドリンクをイッパイ注ぐなということですが、お猪口の4分の1程度です。どんなに頑張っても3分の1程度です。

もちろんお代わり自由ですが、お口に合わない方もいらっしゃるでしょうしね。

冷酒を飲みたかったとのことですが、最初のウェルカムドリンクこそがウチのこだわりです。

日本酒は冷酒だけではない、若いだけでないとの思いで、あえてこんな日本酒も有るんですよと召し上がって頂いているのです。

別にウェルカムドリンクがお口に合わなくても、その次から冷酒はたっぷり飲めます。

ココでしか飲めないというほどの品揃えではなかったとのことですが、抽象的で分かりません。

例えば智恵美人吟醸2004宮の松純米吟醸あらばしり24BY花巴純米吟醸山田錦22BY華鳩特別純米華コロンブ美和桜純米吟醸八反無濾過生原酒、などもそうおっしゃるわけですね。

そうだとすればそのお店を教えて頂きたい。

ま、ご来場された時点で相当酔ってらっしゃいましたので記憶が無いのではないでしょうか?

あなたの目的はブラインドテイスティングでなく、明らかにその中に入っているプレミア酒。十四代などのアイドル酒をただ飲みたいだけ。

基本、ブラインドの答えは帰りの際ですが、他のお客さんにネタバレしないこととブラインドの酒をこの先飲まないことの2つの条件さえクリアできれば途中でお教えしております。

また、あなたが気嫌うその女性は、とある日本酒を目当てでご来場されました。ズバリ自然郷です。

奇声とは誇張表現も甚だしい。。。

ま、十四代、而今、飛露喜とかのトレンド系の知名度先行酒だったらまずお出ししません。

自然郷が置いてあると思って来たとのことでしたので、無いものは無いとスミマセンで終わらせることはできません。

自然郷を飲みたいとおっしゃるお客さんに、まして自然郷の会が決定し、参加されるとのことでしたので特別に酒屋に持ってきてもらいました。

日本酒そこそこ揃えている酒屋さんなら普通に定価で置いている銘柄とのご指摘ですが、は???どこの酒屋に置いているんでしょうか???

オイオイいい加減に具体的根拠を示して頂けませんでしょうか?

一連の対応に感謝されたお客さんが大喜びされチップを渡されたのです。もちろん断ってますよ、当然。

それでもお客さんは是非とのことですから、お客さんの気持を損ねてはいけません。有り難く頂戴したまでです。

ウチに合わないのも分かりますが、チップ渡さなきゃ、特別な日本酒が出てこないとはあまりにも論理が飛躍しています。

アンチさんも大変ですねww


必死なアンチさん、悲しすぎるほど素敵です。。。わーい(嬉しい顔)








今日のお別れは、渡辺美里の「悲しいね」。



posted by 樋口多酒多様 at 18:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。